ホーム > 高周波検査治具 > ギガホルダー

プローブコネクタシリーズ

即日

ストリップラインの基板向けの簡易接続治具

ギガホルダー

オプション開閉治具は>>コチラから

GK-HL10

外形図をダウンロード

特徴

●マイクロストリップライン基板の製品開発検査の際の、基板端部にSMAコネクタを水平にし半田付けを行う代わりに利用する同軸コンタクターです。 ●SMAコネクタの芯線に基板を押し付ける機構タイプです。芯線は、本体部の端面から1.5mmの出寸法です。 ●半田付け作業を行うことなく、マイクロストリップライン基板端部に接続し、SMAコネクタを介して同軸ケーブルと接続が可能です。 ●本体下面に1-M4TAPを設けてあり、治具に固定して利用できます。 ●対応する基板の厚みは0.4mmから2.0mmです。 ●対応する周波数は10GHzまでです。(GK-HL10は従来品(GK-HL)と同等品です) ※基板ラインに対し、ギガホルダーの芯線が水平に密着する様、固定して使用すると、特性は安定し効果的です。
GNDブロックを本体部GNDに押し付けることで、より良好な特性が得られます。

用途

●マイクロストリップライン基板を用いた製品開発時の検査。
マイクロストリップライン基板を用いた受入検査。

構造説明

●基板の裏面GNDと接地するGNDブロックがバネ圧で基板をSMAコネクタ芯線に押し付けます。 ●バネ圧は3Kgfです。

特性例

拡大表示

測定方法

●基板特性を含めた基本データです。 ●半田付け基本データは、ギガホルダー特性取得後、同一基板の片側だけにコネクタを半田付け(追加)取得したものです。 ●それぞれのデータは基板を含めたデータであり、治具の特性(性能)は基本データとの差分となります。

ページトップ

価格表

品名 品番 包装単位 価格(1回のご注文数量による)[ 円 ]
1~4個 5~9個 10~19個 20個以上
ギガホルダー10 GK-HL10 1個 18,000 17,500 17,000 16,000

●1回のご注文数量により価格割引をいたします。 ●当製品は事業者向けですので、総額表示ではありません。別途消費税をお支払いください。

ご注文手順のご確認

ページトップ

即日

ストリップライン基板向けの簡易接続治具

プローブコネクタSMA用TRL校正基板

PC-SMA-TRL-CP

お試しレンタル対象製品

GK-HL10

外形図をダウンロード

特徴

●それぞれのギガホルダーはオプション開閉治具に簡単に組み込むことができます。
(オプション開閉治具への組み込みは、ギガホルダー底面のM4TAPを利用しネジ止めします)
●テコを使った開閉レバーを上に立ち上げることで、オプション開閉治具に組み込まれたギガホルダーは軽い力で開口します。 ●SMAコネクタと同じ幅でできたギガホルダーに左右1.15mm厚のハウジング、 総幅15mmと極めて薄く設計しました。 ●開閉レバーを立ち上げた状態を続ける事で、ギガホルダーの開口状態を保持できるので、複数箇所の接触を必要とする基板に対して、基板の差替えが一人でも容易にできます。
(作業台などに固定して利用されるとより有効に活用できます)
*作業台を金属ベースとした場合、作業台との固定ネジとハウジングとの間に絶縁素材(樹脂など)で組付けることでGND分離、導電素材(金属など)で組付けることで同一GNDを形成できます。

価格表

品名 品番 包装単位 価格(1回のご注文数量による)[ 円 ]
1~4個 5~9個 10~19個 20個以上
オプション開閉治具 GK-HLOC 1個 12,000 11,500 11,000 10,500

●本品のご用命は品番でご指定ください。 ●当製品は事業者向けですので、総額表示ではありません。別途消費税をお支払いください。 ●本品は、商品の性質上、貸出を行っておりません。ご理解賜りますよう御願い致します。

ご注文手順のご確認

製品ラインナップ

  • ファンクションプローブ
  • 高周波コンポーネント
  • プローブコネクタ
    • プローブコネクタ
    • SMA用TRL校正基板
  • ギガホルダー
    • ギガホルダー
    • オプション開閉治具
  • RFテストテーブル
  • ダブルプロービングテーブル
  • ギガケーブル
    • 超軟性・移相変化微少版
    • 半形状保持版
    • ソフト50Ωケーブル
  • モジュール検査用治具ヘッド
    • RFHシリーズ
    • DCHシリーズ

ページトップ